●実はたくさん、内祝い

出産内祝い、結婚内祝い、長寿内祝い…「内祝い」を贈る場面が、実はいくつもあることをご存知でしたか?

そもそも内祝いとは、おめでたいことがあったときに近しい方々と喜びを分かち合う、幸せのおすそ分けをするという意味で、一緒にお祝いしてもらうために宴席に招いたりお赤飯や紅白餅を配ったりすることが従来のかたちでした。

時を経て現在では、頂いたお祝いのお返しとして、品物を贈る際の熨斗紙に内祝と表書きして贈ることが多くなっています。

贈り物としての定番ジャンルもあるなかで、ひと味違う気の利いた贈り物として日本の伝統工芸品を選べば特別感もひとしお。相手にもさらに喜んでいただける贈り物になるでしょう。

それぞれの内祝いに押さえておくとよいポイントをご紹介します!

 

●結婚内祝い

結婚祝いの品を頂いた場合、挙式後1か月以内にはお返しとして贈るようにします。金額は頂いたものの3分の1から半額程度が目安です。熨斗紙の表書きは「寿」や「内祝」とし、水引は二度繰り返したくないお祝い事として結び切り輪結びなどを使います。

→品物は、日持ちがするお菓子など後に残らないもの、ペア(セット)食器類やいくつあっても困らないタオルなど実用品が好まれます。また、引き出物と同様に、引菓子や鰹節、祝砂糖といった伝統的なお祝いギフトもつけて贈ることができるとベストです。

 

●出産内祝い

出産後の慌ただしいタイミングですが、妊娠や出産を祝っていただいた方々への心からのお礼をする、大事な機会です。

金額の相場は、頂いたものの半額程度といわれています。お祝いを頂いていない方に対しては気を遣わせることのないよう高価すぎないものを、写真は顔が見たいと言ってくださる親しい間柄の方へ贈るにとどめましょう。熨斗には、蝶結び花結びなど何度繰り返しても良いしるしの水引をつけ、表書きとして「内祝」、その下に赤ちゃんの名前を書きます。

→品物は、石鹸やタオルのセット、洗剤といった実用的な消耗品、食品だとお菓子やコーヒー・紅茶などの日持ちのするものが一般的です。かさばりすぎない器類や小物、ごく近い親類への名入れギフトも喜ばれるでしょう。地域によっては砂糖などの定番を贈る風習もあるのでリサーチが必要です。

 

●快気内祝い

病気やケガが治ったとき、お見舞いに来ていただいた方へ快気のご報告として贈ります。

品物を頂いた場合、その3分の1から2分の1程度の金額のものをお返しするのが一般的です。一度きりとなることを願い、水引は結び切りの形にします。目安として退院から10日後くらいに贈ることができるとよいですが、何よりも体が本調子になり元気な姿であいさつできることが一番です。

→品物は、病気が後に残らないように、という気持ちを込めて、あとに残らない消耗品を選びます。

「溶けてなくなる」砂糖や石鹸、チョコレートなどお菓子類、「水に流す」入浴剤や洗剤、「健康に」自然食品、昆布、鰹節…といったイメージに合ったものがよく選ばれます。

 

●新築内祝い

家を新築した際や新居に移った際に、お祝いを頂くこともあるでしょう。そのお返しとして、また、ご報告も兼ねて遠方の方などへ贈り物をしたい、というときにも新築内祝いとして品を贈ることができます。金額の目安は頂いたものの3分の1から2分の1程度、熨斗には、何度繰り返してもよいこととして蝶結び花結びの水引をかけます。転居から1、2か月のうちに贈るようにしましょう。

→品物は、建物、入るものが決まった、ということでグラスやカップなどの入れ物を贈る習慣もあります。もちろん他の内祝いと同様、タオルギフトやお菓子類、石鹸、洗剤等の消耗品も喜ばれるでしょう。

 

———

手渡しが難しい場合にはギフト専門店などからの配送でも全く問題ありません。熨斗とお礼状を添えられるようにするのがポイントです。頂き物のお返しでもあくまで「内祝い」ですので、お礼状やメッセージカードには「お返し」とは書かないように注意しましょう。

相手の環境を考慮し、また置き場所に困るようなもの個性的すぎるものは避けるのが無難です。弔事によく使われる日本茶や、刃物などの縁起が良くないとされるものは、相手が確実に欲しがっていると知っている場合以外は避けておくのが無難でしょう。頂いたものの相場や相手の好みが不明な場合、カタログギフトで相手に選んでいただくこともできます。とはいえ、相場やモノにこだわらず、まずは言葉で、感謝の気持ちを伝えるのも大事なことです。

このようにいろいろな定番商品がある中、ひと味違ったギフトとして日本の伝統工芸品を選ぶ方も増えてきています。

次の記事では、それぞれの内祝いに合った、壱ポイントおすすめの商品をご紹介します!

 

SPECIAL