十五夜は「中秋の名月」とも呼ばれ、古くからお月見の風習とともに親しまれていますね。

じつはこの十五夜以外にも、「十三夜」「十日夜」と言われる月の綺麗な夜もあるのです。

そもそもなぜ数字で月の綺麗な日を表すようになったのでしょうか?

 

■年に一度だけの十五夜

十五夜とは月が満ち欠けする周期の月齢の上で、満月の時を表す言葉です。新月を1とし、満月はちょうど15日目にあたるのが由来です。

ただし、十五夜というのは旧暦の「八月十五夜」のことを指し、ほかの満月を十五夜とは言いません。

かつて使われていた旧暦では、7月~9月が秋と決まっていました。7月、8月、9月の秋の真ん中は8月ですね。さらに8月の真ん中、15日ごろが「中秋の名月」です。
現在の新暦は旧暦とズレがあるため、「9月7日から10月8日の間で、満月が出る日」を十五夜としています。

満月は豊穣(ほうじゅう)の象徴とされており、収穫されたばかりの里芋をはじめ、収穫への感謝や豊作祈願の意味を持って秋の実りをお供えします。里芋はどんどん増えるので、古くから子孫繁栄の縁起物とされ、祝い事に用いられてきました。こうしたことから、十五夜の月は別名「芋名月」とも呼ばれています。

 

■「十三夜」と「十日夜」

さて、気になるほかの2つの月夜についてご説明していきましょう。

まず十三夜ですが、こちらも同じく月齢からくる言葉で、新月から数えて13日目の月のことを指します。8割程月が見え、2割ほどが影になっている状態です。こちらは「九月十三夜」のことを指し、今の暦に合わせると10月頃にあたり、中秋の名月の後にくることから「後の月」ともよばれています。

また、ちょうど栗が実る時期であり、食べごろになった栗や枝豆をお供えし収穫をお祝いすることから「栗名月」「豆名月」という呼び方もあります。

十五夜と比べるとマイナーですが、昔は十五夜と同じくらい大切で、重んじられていた日です。片方だけを祝うと「片月見」また「片見月」などと言われ、縁起の悪いことだとされていたそうです。

 

次に十日夜ですが、呼び方の由来についてはもうおわかりですね。そう、新月から10日目の月を指します。

別名「三の月」ともいい、月は6割ほど見える状態です。旧暦の「10月10日の夜」のことで、農作物に感謝する日とされています。

田畑にいらした神様が山へお帰りになる日と言われていて、稲などを捧げます。また田んぼを守ってくれれた「かかし」にも感謝を表し、お餅を捧げたり一緒にお月見をする地方もあります。

 

■お月見に欠かせない月見団子

 

月見団子をお供えするのはなぜでしょうか。

お月見の日に団子を供える習慣は、江戸時代から始まったといわれています。お月見をする際に「これからの収穫」を祈るという事で収穫物である米の団子を用意したのが月見団子の由来だと考えられています。

また、子供は月の使者であると考えられているため、月見のお供え物を盗んでもいいとされています。そのため、子供が団子をとりやすいように縁側に備えるようになったそうです。なんだか微笑ましい逸話ですね。

じつは、月見団子の形はまん丸ではなく、ほんの少しつぶすように作られます。ピンポン玉のような真ん丸の白い団子は、なくなった方の枕元に供える枕団子に通じるためです。

供える数については、十五夜にちなんで15個、一年の満月の数に合わせて12個などまちまちです。

 

ちなみに2018年の十五夜にあたるのは9月24日。ちょうど秋の夜風が涼しく、気持ちがいい時期です。

意味を知った上でのお月見は、今までよりもっと味わい深く楽しめそうですね。

 

SPECIAL