毎年楽しみで待ち遠しいゴールデンウィーク(GW)がやってきますね。

4月下旬から5月はじめにかけての連休をゴールデンウィーク(GW)と呼びますが、皆さんはなぜゴールデンウィーク(GW)と呼ぶのかご存知でしょうか。

じつは、ゴールデンウィークにも由来や休日の意味が込められています。

今回の記事をとおして、ゴールデンウィークの由来や意味を知っていただけますと幸いです。

ゴールデンウィーク(GW)とは、どういう意味? 期間は?

そもそもゴールデンウィーク (GW)とは、どのような休暇のことを指すのでしょうか。ここではまず、ゴールデンウィーク (GW)の意味と期間について見ていきましょう。

ゴールデンウィーク(GW)の意味

誰楽しみにしているはずのゴールデンウィーク(GW)。

カレンダーで赤い日は祝日といって、何かしらの意味があり日本全体がお休みになる日です。

ゴールデンウィーク(GW)とは、4月下旬から5月初めごろにかけて、祝日が連続して休みが重なることを指します。ゴールデンウィーク(GW)は祝日が集まっていて、それぞれの休日に意味があります。

NHK(日本放送協会)などのテレビや新聞社など一部のメディアでは、ゴールデンウィーク(GW)ではなく大型連休と呼ぶようにしているようです。

ゴールデンウィーク(GW)の期間

ゴールデンウィーク(GW)の決まった期間は、合わせて4日間あります。

・昭和の日(4月29日)

・憲法記念日(5月3日)

・みどりの日(5月4日)

・こどもの日(5月5日)

ゴールデンウィークに土曜日と日曜日が重なることで、長期間のお休みとなります。

昭和の日(4月29日)

昭和の日とは、もともと昭和天皇の誕生日の日です。

激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」とされています。昭和の時代を忘れないよう、今このときを生きていることへ感謝の気持ちを抱こうというメッセージが込められています。

憲法記念日(5月3日)

憲法記念日は「日本国憲法の施行(1947年月5月3日)を記念し、国の成長を期する」といわれています。日本国憲法が施行されたのを記念してできたのが、5月3日の憲法記念日です。

みどりの日(5月4日)

みどりの日は「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ日」といわれています。

国立公園などが無料で開かれたり、みどりの日にちなんだイベントが開かれたりもします。

もともとみどりの日は4月29日でしたが、2007年から5月4日へと変更になりました。

こどもの日(5月5日)

こどもの日は「こどもたちの人格を重んじ、幸福をはかるとともに、お母さんにも感謝する日」といわれています。子供の成長を祝うのと同時に、お母さんお父さんへ感謝する大切な日です。

また、「こどもの日」でもあり「端午(たんご)の節句」ともいわれています。少し前までは、端午(たんご)(※1)の節句がメインで男の日といわれてきました。

昭和23年から国民の祝日となり、「こどもの日」と呼ばれるようになりました。

(※1)端午(たんご)の節句…男の子の無病息災を願って、お祝いをする日です。

ゴールデンウィーク(GW)が始まった由来 ・きっかけとは

ゴールデンウィークが始まった明確な日付までは分かっていません。

そもそも日本で祝日ができたのでが、1948年7月20日施行の「国民の祝日に関する法律(※2)が始まりです。

国の決まりで、5月3日と5月5日が祝日となりました。1985年には祝日法の改正があり、「前日およびその翌日が『国民の祝日』である日は休日とする」と決まりました。

そして、5月3日、5月4日、5月5日まで連続で休日となりました。

正確には、ここからゴールデンウィーク(GW)が始まったのではないでしょうか。

ゴールデンウィーク(GW)は日本独自の祝日なため、海外で伝わらないこともあります。ハワイやグアムなど、日本人観光客が多い国で伝わることはあるかもしれません。

(※2)国民の祝日に関する法律…「国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する」と定められています。国民のために決められた祝日に関することを指します。

ゴールデンウィーク(GW)という呼び名の由来やきっかけは?

ゴールデンウィーク(GW)と呼ばれるようになった由来やきっかけには、大きく分けて2通りの諸説が存在します。

1つ目は日本の映画業界が関係しています。

1951年に上映された映画『自由学校』が大ヒットしことにより、もっと多くの人に観てもらい気持ちからつけられたと諸説があります。

2つ目はラジオの視聴率などが関係しています。

映画と同様に視聴率が高く、「黄金週間」と呼ばれるようになりました。「黄金週間」ではインパクトが足りないことから、「ゴールデンウィーク」と呼ばれるようになったと諸説があります。

現在でもどちらの諸説が真実かは分かっていませんが、この2つの諸説の可能性が高いといわれています。

シルバーウィークとの違いはある?

シルバーウィークとは、ゴールデンウィーク(GW)同様に祝日が連続して休日ができる連休を指します。

ゴールデンウィークは4月下旬から5月初めですが、シルバーウィークは9月の土曜日、日曜日、敬老の日、国民の祝日、秋分の日の5日間を指しています。

祝日法改正によりハッピーマンデーが施行され、2003年に敬老の日が9月第3月曜日となりました。秋分の日が敬老の日から2日後で、水曜日の場合、間に挟まれた火曜日がとなります。そして、土曜日からの5連休と大型連休をとることが可能になります。

年度によって変わってくるため、カレンダーをチェックして予定を立てるのがおすすめです。

有意義なゴールデンウィーク(GW)を過ごすために

今回の記事を通して、ゴールデンウィーク(GW)について知っていただけましたでしょうか。

みどりの日など記念日にちなんで、無料で公園を開くといったイベント事なども多くでてきます。今年はゴールデンウィーク(GW)の意味を知った上で過ごすのも悪くないはずです。

ゴールデンウィーク(GW)について把握しておくことで、有意義な時間を過ごせるはずです。

SPECIAL