みなさんは、「重陽(ちょうよう)の節句」をご存知でしょうか。

重陽の節句は「桃(もも)の節句」や「端午(たんご)の節句」などと並ぶ五節句のひとつ。
菊に長寿を祈ることから「菊の節句」とも呼ばれる重陽の節句ですが、聞き慣れないという方が多いかもしれません。

かつては数ある節句のなかで、もっとも重要なものだったにもかかわらず、現在ではほかの節句に比べてあまり目立たない存在となっています。

そこで今回の記事では、9月9日の重陽(ちょうよう)の節句の由来や楽しみかたについてご紹介します。

 

■重陽の節句の由来とは

まず、節句とは「季節の節目に行なわれる伝統行事」のことをいいます。

ほかの節句と同様に、「重陽(ちょうよう)の節句」も中国より伝えられました。

中国には陰陽(おんみょう)思想というものがあり、この世に存在するすべてのものは「陰」と「陽」で成り立っているという考えがありました。

その陰陽(おんみょう)思想において奇数の数字は、「陽」を表すことから縁起がいい数字だとされてきました。

このことから、3月3日は桃(もも)の節句、5月5日は端午(たんご)の節句といった、奇数の日に邪気払いなどの行事を行うようになったとされています。

「九」が重なった9月9日は「陽」が「重」なった日であることから、「重陽(ちょうよう)」となりました。

 

■主役は「菊の花」

冒頭でお伝えしたように、重陽の節句は別名「菊の節句」とも呼ばれます。

古来より中国では邪気を払い、長寿の効能があると考えられてきた菊を用いて、この節句を祝っていました。

日本では平安時代ごろに貴族の宮中行事としてとり入れられるようになり、菊を飾った宴が開かれたり、菊を愛でたり、菊の花びらを乗せた「菊酒(きくざけ)」を楽しんだりしました。

江戸時代に入ると五節句のひとつとして庶民のあいだでも親しまれるようになり、庶民の間では秋の収穫祭とともにお祝いをする「お九日(くんち)」も行われるようになりました。現在でもその名残として「長崎くんち」「唐津くんち」が毎年10月から11月にかけて開催されています。

菊といえば晩秋のころに咲く花という印象があるかもしれませんが、旧暦の9月9日は新暦の10月中ごろにあたるため、まさに菊の花が美しく咲く季節。
新暦になり菊の見ごろと合わなくなったことから、重陽の節句はやがて廃れていきました。

現在では神社仏閣でお祝いをする程度になっていますが、菊を主役に不老不死や繁栄を願う行事として伝えつづけられています。

 

 

■重陽(ちょうよう)の節句にいただく料理たち

重陽の節句は秋の収穫を祝う意味合いも持つことから、お祝いの席には秋の味覚が数多く登場します。ここでは、祝い膳に登場する料理の一例をご紹介します。

 

●食用菊
重陽の節句の主役である菊の花を食用菊をおひたしやお吸いものとして食されてきました。

 

●栗ごはん
江戸時代から秋の味覚として親しまれてきた栗をつかった栗ごはんを食べる風習があり、
重陽の節句は別名「栗の節句」とも呼ばれていました。

 

●秋茄子
旧暦では秋が茄子(なす)のもっとも美味しい季節。

重陽の節句では煮びたしや焼きナスとして、祝いの席に登場しました。
そのほかにも、祝い膳とともに邪気を祓う不老長寿の妙薬として、菊の花びらを浮かべた「菊酒」をいただくという風習もありました。

 

これまで「重陽の節句」を知らなかったという方や秋の特に意識していなかったという方も、
今年の9月9日は古来より大切にされてきた行事に、ちょっぴり意識を向けてみるのはいかがでしょうか。

SPECIAL