いつも身近に ワンポイントの和の心壱ポイントは、人や地域から広がる想いを、あなたへお届けいたします。
Sold Out
IMG_2180IMG_2167IMG_2184

 

パステルカラーを身にまとって

淡く優しい色使いの“ふくらぐらす そら”。
穏やかな空模様を映し出したかのような爽やかな印象のグラスです。
日本の四季や自然に重きを置いたそのデザインは可愛らしく、そして心をほんわかとあたたかな気持ちにしてくれます。

 

ふくらぐらすの「ふくら」とは、柔らかにふくらんでいる状態のこと。
その名前の通り、

ほんのりとふくらんだ愛らしいフォルムをしたこのふくらぐらす。
飲み口付近のくぼみには手がフィットし、とても持ちやすい。

細部まで使い手のことをしっかりと考えて作られています

 

また、職人によりひとつひとつ手作りされているため、模様の出方、色合いなどが異なりそれぞれが魅力的で個性あふれる表情を魅せてくれます。

ぜひ、ハンドメイドならではの優しい風合いをお楽しみください。

 

 

職人の想いの結晶、津軽びいどろ

1977年に誕生した「津軽びいどろ」。

もともとは、漁業用の浮玉(うきだま)製造をしていた北洋硝子がその技術を活かし作ったのがはじまりでした。

 

そんな津軽びいどろの作品は、全て青森の自然をイメージさせるハンドメイドガラスで作られています。

 

美しい色ガラスの調合、高い技術を要する技法などの技術開発のほとんどを職人たちが独学で習得したそうです。

鮮やかな色使いが特徴の津軽びいどろですが、職人たちの津軽びいどろに対する思いとたゆまぬ努力から生み出されたと言っても過言ではありません。

 

そして、現在では”青森県伝統工芸品”の指定を受けるまでに至っています。

 

 

 

 

 

How to create 津軽びいどろ

津軽びいどろ」は、坩堝の中の真っ赤にとけた1500度の灼熱な世界から始まります。

 

吹き竿で巻き取られたガラスは、津軽の職人たちの巧みな技術と技法によって、手づくりならではの柔らかな形にひとつひとつ仕上がっていきます。

 

 

 

 

日本の色は何色?

春の桜、夏の祭り、秋の紅葉、冬の雪景色。

 

古来より日本人は四季の移ろいを大切にし、季節ごとに咲く花たちを愛で、変わりゆく山々の景色を慈しんできました。

 

その豊かな日本の四季彩色をガラスに入れてお届けしたい。

幾千ものこだわりの色合いはそんな想いから作りだされています。

 

 

 

 

びいどろに映しこむ、日本の四季

日本ならではの四季の色にこだわり、色を様々に組み合わせることで移りゆく情景のように、無限の表情を見せる「津軽びいどろ」。

 

色とりどりの魅力あふれる「津軽びいどろ」が、あなたの楽しい食事のひと時やくつろぎの時間に、そっと寄り添えますように。

 

 

 

 

 

商品詳細

グラスサイズ:口径83mm×高92mm

素材:ソーダガラス

 

注意事項

・ガラス製品ですので、高いところから落としたり強くぶつけた場合に割れてしまうことがございます。

お取り扱いにご注意ください。

 

ギフトラッピングをご希望の方は、こちらのページよりご注文をお願いいたします。

 

ほかにも多数、ふくらぐらすの商品をご用意しております。

そのほかの商品は、こちらのページをご覧ください。

 

 

Weight: 0.15 kg
Dimensions: 9 × 9 × 13 cm
バリエーション: 

そら

レビューを見る

レビューはまだありません。

“津軽びいどろ ふくらぐらす -そら-” の最初のレビューを書いてみませんか?

津軽びいどろ
ふくらぐらす -そら-

¥2,200 (税込)

どんな商品が人気?

キッチン雑貨

  • 人気 No.1

    TSUNE たわみボウル

    ¥2,090(税込)

    器に広がる、滝の色

    たわみボウルのテーマは滝。滝のまわりに広がる風景を表現しています。 「ブルー」は、明るく爽やかな滝に流れる水をイメージ。 水に濡れたようなつややかさが印象的な器となっております。   深い青の器は、滝壺にたまる水の色「水々」。 重く轟く水の音を感じられるような深い色が特長。   明るく鮮やかな黄緑の器は「もえぎ」。 滝のまわりに広がる緑を表現しています。   「ブルー」と「もえぎ」の外面は、刷毛を使って釉薬を塗っており、 また違った表情を見せてくれます。 3つ並べただけで滝の音が聞こえてくるような器です。  
  • 人気 No.2

    アデリア(石塚硝子) 利き猪口酒器セット

    ¥2,200(税込)

    お酒の色と香りを、やわらかにたのしむ。
    冷酒を楽しむのに最適なソーダライムガラス製の酒器セット。 古来より「利き酒」の際に使用される猪口の底に描かれた紺色の二重の円のことを「蛇の目模様」といいます。 蛇の目模様は、日本酒の色や濁りを見るためにつくられたもの。 本来は磁器製ですが、ガラス製にすることでよりクリアに、お酒の色や香り、そして味わいを楽しめるようになっています。   そして手づくり感あふれるやわらかな形は、猪口を持った際に手の中で絶妙にフィットし、よく馴染みます。 ご自宅使いはもちろん、誕生日や引っ越し祝い、内祝いなどのギフトシーンにも最適な逸品です。
     

壱ポイントをご利用頂いているお客様にレビューを頂きました。

レビューを見る

レビューはまだありません。

“津軽びいどろ ふくらぐらす -そら-” の最初のレビューを書いてみませんか?