いつも身近に ワンポイントの和の心壱ポイントは、人や地域から広がる想いを、あなたへお届けいたします。
Sold Out
KOSHO トートバッグPH ライトグレー 一覧正面 プリーツを開いたとき正面 プリーツを開いたとき正面 プリーツを開いたときライトグレー×イエローライトグレー×エメラルドグリーンライトグレー×オレンジ側面 マチを開いたとき正面

グレーをベースにオレンジ、エメラルドグリーン、レモンイエローの3色を合わせたミニサイズのトートバッグ。

扇をイメージしてデザインされた形と、扇部分を開いた際にあらわれる鮮やかな色たちは見えない部分に洒落をほどこす京都の“粋”を表現しています。さらにマチもしっかりとあり、入れる荷物の量によってさまざまな表情を魅せてくれるのも<ougi>トートバッグの大きな魅力のひとつ。こちらの配色のトートバッグは、3色をご用意しました。

 

ライトグレー×オレンジ

ライトグレー×エメラルドグリーン

 

ライトグレー×レモンイエロー

すこし小ぶりなサイズなので、さまざまな用途でお使いいただけるのもうれしいポイント。ランチトートとして、ちょっとそこまでのお買い物や毎日のサブバッグとして使うのも素敵。

大切な方への誕生日祝いやお返しギフトなどにもおすすめです。

 

 

 

京都の地が生んだブランド  KOSHO

小川光章(おがわ こうしょう)氏が、京都の伝統工芸である京友禅を学んだのちに設立したブランド「KOSHO」。

工房のまわりにはのどかな風景が広がり、鳥のさえずりや豊かな四季の移ろいが感じられクリエイティブの源となります。そんなKOSHOは、ニューヨーク近代美術館(MoMA)ミュージアムショップやフランス・イタリア・アメリカ・台湾・中国のセレクトショップにも並んでおり、パリの見本市「メゾン・エ・オブジェ」で高い評価を得るなど、日本国内にとどまらず海外でも注目されています。

 

四季折々の美しさをモチーフにした表現や、日本古来の文様・意匠を現代的にデフォルメした表現など、どれも物語や使い手の想いを閉じ込めた染色の世界。心地良い緊張感を漂わせ、シンプルさの中にも優雅さが隠れるモダンな「布アート」で現代の暮らしに彩りを添えます。

 

いにしえより受け継がれる「重ねの文化」

 

日本人は古来から、肌着や裏地などの隠れた部分で密かにお洒落を楽しむ文化があります。きものの襟(えり)や袖(そで)、そして裾(すそ)からちらりとのぞく色や柄、また羽織を脱いだ瞬間に見える色や柄が粋とされました。

そんな古くから受け継がれてきた「重ねの文化」からヒントを得ています。

 

KOSHO デザイナー  小川光章

KOSHOの代表であり、デザインから染色まで務める小川光章氏。

もともと学んでいた京友禅の技術を活かし、誕生したのがブランド「KOSHO」でした。

35年あまり、きものからインテリア、絹から麻とジャンルや素材は変わっても高感度な布アートを手掛けてきた光章氏。

KOSHOでも、さまざまな染色技法・染料を使い分け、刷毛を巧みに使う“引き染め”、染液に布を浸けこむ“浸染め”、筆による手描きなどの技法を組み合せ、一点一点“手描き染め”による職人の技・想いを映します。

人の手から生み出されるものへのこだわり。

人の五感に響くものづくり。

伝統の技術ならではのきめの細やかさと、現代アートのような作品の数々をぜひその目で確かめてみてください。

 

商品詳細
トートバック1
サイズ:H 260mm × W 250mm
素材:黄麻(ジュート)50%、綿50%、その他繊維

 

注意事項
・商品の特性上、摩擦などにより色落ちや色移りすることがあります。
・特に濡れた状態で長時間重ね合わせると色うつりする場合がありますのでご注意ください。
・鋭利な形状のものを入れたり、無理な詰め込みをしたりすると破損の原因となります。


ほかにも多数、KOSHOのアイテムをご用意しております。
そのほかのアイテムは、こちらのページをご覧ください。

 

 

Weight: 0.25 kg
Dimensions: 25 × 26 cm
バリエーション: 

ライトグレー/レモンイエロー, ライトグレー/エメラルドグリーン, ライトグレー/オレンジ

レビューを見る

レビューはまだありません。

“KOSHO <ougiⅢ> トートバッグPH -ライトグレー-” の最初のレビューを書いてみませんか?

KOSHO
トートバッグPH -ライトグレー-

¥6,820 (税込)

選択を解除

壱ポイントをご利用頂いているお客様にレビューを頂きました。

レビューを見る

レビューはまだありません。

“KOSHO <ougiⅢ> トートバッグPH -ライトグレー-” の最初のレビューを書いてみませんか?