いつも身近に ワンポイントの和の心壱ポイントは、人や地域から広がる想いを、あなたへお届けいたします。
Sold Out
33-KG72026pk-kg-01

こころ浮き立つ

どんなシチュエーションにでも使いやすい、波佐見焼の小皿5枚セット。

 

普段着としてお洒落を自由に楽しめる小紋のように、あわせる器・料理によって和にも洋にも趣が変わる器です。

グレーの濃淡で描く文様と、釉薬によるおうとつがおしゃれを演出しています。

 

ご自宅づかいはもちろん、大切な方への誕生日祝いやお返しギフトなどにもおすすめです。

 

波佐見焼の魅力

長崎県東彼杵郡波佐見町で作られている陶磁器のことを、波佐見焼と呼びます。

1度に大量の器を作ることがほとんどで、完成までに多くの職人さんが携わっています。

美しい白磁と呉須(藍色)で絵付け(染付)されており、繊細なのが特徴です。

「くらわんか碗」や「三股徳利」などが、波佐見焼の代表的な器になります。

 

Kaguyahime

Kaguyahimeは、京都に会社を構えるアルファブランカが展開するブランドのひとつです。


「作り手の想いが詰まった確かな商品を、贈り手の気持ちと共に、大切な人に届けたい」

そんなコンセプトのもと、アルファブランカでは魅力的なアイテムを数多く取り揃えています。

なかでもKaguyahimeのアイテムは、伝統ある日本の文化を大切にしながらもどこか現代的でお洒落なデザイン。

華美な装飾こそほどこされてはいませんが、シンプルで現代のライフスタイルに合ったデザインは多くの人の心を魅了します。

 

ポップな色彩と、可愛らしいデザインでありながら、職人の技とこだわりが溢れる本格的な器たち。

日々の生活を鮮やかに彩ってくれるブランドです。

 

 

※商品はオリジナルデザインのボックスにお入れした状態でのお届けとなります。
※大量発注も承っております。
※カード熨斗をボックスの中へお入れしてお届けすることが可能です。
ご希望される場合は、備考欄にその旨をお申し付けください。

 

 

商品詳細
小皿5
波佐見焼小皿5:約108×120×高20mm
箱サイズ:約130×130×70mm
磁器重量:約570g
デザインボックス
日本製
波佐見焼

 

注意事項
・取扱説明書を添えてございますので、必ずお目通しください。
・大量発注の場合は、納期が約1か月ほど頂いております。 


オリジナルラベルのお酒や

誕生日、結婚記念日などの

ギフト向けのお酒をご用意!

姉妹サイト「ハレハレ酒」はこちら

バリエーション: 

小紋 -ファイブプチ-, 小紋 ファイブプチ

レビューを見る

レビューはまだありません。

“kaguyahime 小紋 -ファイブプチ-” の最初のレビューを書いてみませんか?

kaguyahime
小紋 -ファイブプチ-

¥3,520 (税込)

選択を解除

どんな商品が人気?

キッチン雑貨

  • 人気 No.1

    TSUNE たわみボウル

    ¥2,090(税込)

    器に広がる、滝の色

    たわみボウルのテーマは滝。滝のまわりに広がる風景を表現しています。 「ブルー」は、明るく爽やかな滝に流れる水をイメージ。 水に濡れたようなつややかさが印象的な器となっております。   深い青の器は、滝壺にたまる水の色「水々」。 重く轟く水の音を感じられるような深い色が特長。   明るく鮮やかな黄緑の器は「もえぎ」。 滝のまわりに広がる緑を表現しています。   「ブルー」と「もえぎ」の外面は、刷毛を使って釉薬を塗っており、 また違った表情を見せてくれます。 3つ並べただけで滝の音が聞こえてくるような器です。  
  • 人気 No.2

    アデリア(石塚硝子) 利き猪口酒器セット

    ¥2,200(税込)

    お酒の色と香りを、やわらかにたのしむ。
    冷酒を楽しむのに最適なソーダライムガラス製の酒器セット。 古来より「利き酒」の際に使用される猪口の底に描かれた紺色の二重の円のことを「蛇の目模様」といいます。 蛇の目模様は、日本酒の色や濁りを見るためにつくられたもの。 本来は磁器製ですが、ガラス製にすることでよりクリアに、お酒の色や香り、そして味わいを楽しめるようになっています。   そして手づくり感あふれるやわらかな形は、猪口を持った際に手の中で絶妙にフィットし、よく馴染みます。 ご自宅使いはもちろん、誕生日や引っ越し祝い、内祝いなどのギフトシーンにも最適な逸品です。
     

壱ポイントをご利用頂いているお客様にレビューを頂きました。

レビューを見る

レビューはまだありません。

“kaguyahime 小紋 -ファイブプチ-” の最初のレビューを書いてみませんか?