いつも身近に ワンポイントの和の心壱ポイントは、人や地域から広がる想いを、あなたへお届けいたします。
Sold Out
_DSC5776_DSC5793_DSC9621_DSC5901_DSC9637

ものづくり総合メーカーである株式会社ナガエがリリースする、「銀雅堂(ぎんがどう)」錫の酒器シリーズ静波ビアグラス。

 

静かな波をイメージしたビアグラスで、今にも音がきこえてきそうです。

材質は純度99.99%の錫鋳物製品で、ビールを飲むのに優れた錫素材となっています。

キンキンに冷やしたビールを注ぐと、その冷たさをストレートに手、口に感じることができるビアグラスです。 

タンブラーも冷たいままでビールをお楽しみいただけます。

 

 

錫は酸化や腐食に強いため、古来より主に飲食器として重宝されてきました。

またイオン効果が高く、お酒やビールの味をまろやかにすると言われています。

表面に極小さな窪みがある場合がありますが、砂型鋳物製法の特徴です。不良ではありません。

 

ご自宅使いはもちろん、大切な方への誕生日祝いやお返しギフトなどにもおすすめです。

 

酒器 静波(SHIZUNAMI)

波静かな海面、お落ち着いた表情をデザインに写しました。

美しい夕日を浴びながら酔いしれるように漂う、穏やかな波のイメージです。

手にもつと、波の感触が程よく程よくなじみます。そして、口へと運ぶその時々で、表情を変える波の移ろいに、落ち着いたひとときを感じてただきたいと思ってります。

 

 

伝統とともにある暮らし

四百年の歴史を育んできた銅器産業の町「高岡」。

この地で作られる銀雅堂製品は、原型師、鋳物語、研磨など、伝統工芸を受け継ぐ職人たちの手により、丹精こめて作られています。

そのたしかな技術が生み出す逸品を、インテリアとして日々のくらしの中で感じていただきたいと思っております。

 

 

商品詳細
ビアグラス1
サイズ:幅60×高91mm
材質:錫(純度99.99%:フォーナイン)
重量:210g
容量:170ml

 

注意事項
・融点が低い金属ですので、直接火にかけないでください。
・熱伝導が高い為、熱い飲物を入れた場合、火傷にご注意ください。
・電子レンジ、食器洗い機では、使用しないでください。
・冷蔵庫の冷凍室では保管しないでください。
・柔らかい性質上、落下などの衝撃で大きく変形してしまう場合がありあります。
・硬い物や鋭利な物を当てないでください。表面に傷がつくおそれがあります。


 

姉妹サイト「ハレハレ酒」はこちらからご覧いただけます。

 

バリエーション: 

静波 ビアグラス, 静波シリーズ ビアグラス

レビューを見る

レビューはまだありません。

“銀雅堂(ぎんがどう) 静波 ビアグラス” の最初のレビューを書いてみませんか?

銀雅堂(ぎんがどう)
静波 ビアグラス

¥5,500 (税込)

選択を解除

どんな商品が人気?

キッチン雑貨

  • 人気 No.1

    TSUNE たわみボウル

    ¥2,090(税込)

    器に広がる、滝の色

    たわみボウルのテーマは滝。滝のまわりに広がる風景を表現しています。 「ブルー」は、明るく爽やかな滝に流れる水をイメージ。 水に濡れたようなつややかさが印象的な器となっております。   深い青の器は、滝壺にたまる水の色「水々」。 重く轟く水の音を感じられるような深い色が特長。   明るく鮮やかな黄緑の器は「もえぎ」。 滝のまわりに広がる緑を表現しています。   「ブルー」と「もえぎ」の外面は、刷毛を使って釉薬を塗っており、 また違った表情を見せてくれます。 3つ並べただけで滝の音が聞こえてくるような器です。  
  • 人気 No.2

    アデリア(石塚硝子) 利き猪口酒器セット

    ¥2,200(税込)

    お酒の色と香りを、やわらかにたのしむ。
    冷酒を楽しむのに最適なソーダライムガラス製の酒器セット。 古来より「利き酒」の際に使用される猪口の底に描かれた紺色の二重の円のことを「蛇の目模様」といいます。 蛇の目模様は、日本酒の色や濁りを見るためにつくられたもの。 本来は磁器製ですが、ガラス製にすることでよりクリアに、お酒の色や香り、そして味わいを楽しめるようになっています。   そして手づくり感あふれるやわらかな形は、猪口を持った際に手の中で絶妙にフィットし、よく馴染みます。 ご自宅使いはもちろん、誕生日や引っ越し祝い、内祝いなどのギフトシーンにも最適な逸品です。
     

壱ポイントをご利用頂いているお客様にレビューを頂きました。

レビューを見る

レビューはまだありません。

“銀雅堂(ぎんがどう) 静波 ビアグラス” の最初のレビューを書いてみませんか?