• 人気 No1

    廣田硝子

    大正浪漫 冷茶 ‐市松‐

     

    レトロな表情に魅せられる

    東京の老舗ガラスメーカー廣田硝子が作った、小ぶりサイズの冷茶グラス。グラス全体に施された伝統的な文様と、淡い色味がレトロな表情を魅せてくれます。このやさしいトーンが、お茶そのものの色味を引き立てて、より涼しげな印象に。廣田硝子は、1899年創業の老舗の硝子メーカーです。手づくりの硝子製品にこだわり、古くからの技法を用いて現代にも広く受け入れられるアイテムづくりを行っています。大正浪漫硝子は、明治・大正時代に盛んに使われた技術を復刻して作られました。硝子の中に特殊な原料を入れ、急激な温度差を与えることで、レトロな乳白色に発色させることができるそう。

     

     

  • 人気 No2

    LIVERAL

    Niji S トートバッグ -Hard mesh (ハードメッシュ)-

     

    人に寄り添う“壱品”

    左利きの美容師さんが、「ベルトを自由にできるバッグが欲しい」という言葉からできた、LIVERALのバッグ。日本のふろしきをアレンジし、左利きも右利きも使いやすいユニバーサルデザインに仕上げられています。シリーズの中で、Hard mesh (ハードメッシュ)タイプのバッグをご用意しました。“穴があいていないメッシュ生地”通気性の高いメッシュタイプは夏場を含めいろいろな用途で使用されます。バッグインバッグの場合は、中身が見えるバッグとして使われることもあります。