いつも身近に ワンポイントの和の心壱ポイントは、人や地域から広がる想いを、あなたへお届けいたします。
Sold Out
Processed with VSCO with a6 preset
f-44-03f-44-02f-44-00

モコモコとした雲のかたちが愛らしい、有田焼の小皿。

 見る角度によって色味が変わるパールの艶やかな美しい発色は、

いつもの食卓に“非日常”というスパイスを添えてくれます。

 

取り皿としてサラダやおかずちょこんと盛り付けたり、わさびやミョウガなどの薬味皿として使ったり。深さも程よくあるので、お醤油やタレ、ソースにもぴったり。

 

小皿の裏側には3つの「足」がついていますが、重ねての収納も簡単に出来ます。

毎日の食卓にはもちろん、おもてなしの席にもぴったり。

ご自宅づかいはもちろん、誕生日や引っ越し祝い、内祝いなどのギフトシーンにも最適な逸品です。

 

 

 

 

じつはふだん使いしやすい有田焼

まるでガラスのように透明感のある白磁と、繊細ながらも華やかな絵付けが特徴の有田焼は、いまからおよそ400年前、九州の北西部、佐賀県有田の地で生まれました。そんな有田焼は朝鮮渡来の李参平(金ヶ江参兵衛)によって生み出されたとされています。

 

有田焼は1300度の高温で焼成され、もとの鉱物に近い堅さになろうするため、指で弾くとキンと金属音がします。薄く、そして軽い華奢な印象のある有田焼ですが、日常づかいに最適な器です。

 

麟 -Lin- について

日本で初めて磁器を作って400年になる有田に拠点を構える金照堂(きんしょうどう)

創業からおよそ60年。明治時代末ごろから昭和初期にかけて活躍した有田焼赤絵師金子麟蔵(かねこ りんぞう)に倣い、伝統の技術を現在の暮らしに活かすことを生業(なりわい)の中心に、職人の細やかな技術を生かした有田焼を世に送り出しつづけています。

 

“麟 -Lin-”は、そんな金子麟蔵へのオマージュを込めて誕生しました。

磁器とは思えないメタリックな風合いののテクスチャー、そしてほかの有田焼ではあまり見ない、幻想的なカラーリングが特長

角度によって変わる光と影のコントラストを、ぜひお楽しみください。

 

 

 

商品詳細

小皿1

商品サイズ:100 × 75 × 23mm

商品重量:約50g

日本製

 

注意事項

・手作業でおつくりしているため、表面の凹凸や色合い、筆の刷毛あとなどが異なります。 

直火にかける、オーブンでのご使用はおやめください。

・色絵や金彩、銀彩などは強く洗うと色が落ちることがあります。また、高台は研磨加工をほどこしていますが、テーブルやお盆の上で引きずると傷がつく恐れがあるため、ご注意ください。

・金彩や銀彩を施したものは、電子レンジで加熱すると黒く焦げてしまうことがあるため、ご使用はお控えください。

・ご使用後はお早めに台所用洗剤で柔らかいスポンジや布で洗ってください。

・クレンザーやナイロンたわしは、器の表面を傷つける原因となる可能性があります。

・食器洗い乾燥機のご使用はお控えください。

 

ギフトラッピングをご希望の方は、こちらのページよりご注文をお願いいたします。

 

ほかにも多数、金照堂の商品をご用意しております。

そのほかの商品は、こちらのページをご覧ください。

 

Weight: 0.05 kg
Dimensions: 10 x 7.5 x 2.3 cm
バリエーション: 

ゴールド

レビューを見る

レビューはまだありません。

“鱗-Lin- クラウド小皿 -Gold-” の最初のレビューを書いてみませんか?

鱗 -Lin-
クラウド小皿 -Gold-

¥2,200 (税込)

どんな商品が人気?

キッチン雑貨

壱ポイントをご利用頂いているお客様にレビューを頂きました。

レビューを見る

レビューはまだありません。

“鱗-Lin- クラウド小皿 -Gold-” の最初のレビューを書いてみませんか?