日本酒には、お米の精米歩合や原料などの条件を満たした「特定名称酒」という分類があります。今回は、特定名称酒のひとつである「本醸造酒」についてお伝えします。ラベルに記載があっても、どんな日本酒かは分からいという方もいるのでは? 本醸造酒の原材料や特徴、おいしい飲みかたについてご紹介します。

本醸造酒って、どんなお酒?

assorted-color cans

本醸造酒とは、「精米歩合(せいまいぶあい)70%以下の白米を使っており、米麹と水、醸造アルコールを原料にして造られた日本酒」のこと。精米歩合とは玄米の状態から外側を削り取り、残った米の割合を%で表したものを言います。

本醸造酒の中でも精米歩合が60%以下であったり、精米歩合がそれ以上であっても特別な製法で造られたれたりしたものは、「特別本醸造酒」と呼ばれ、より香り高く色艶の良いものとして好まれています。

日本酒を造るうえで米を削ることは“磨く”と言われ、磨かれているほど香り立つ日本酒になります。

本醸造酒と純米酒の違いって?

closed jars on shelf

「本醸造酒」と「純米酒」その大きな違いは、原料に醸造アルコールが入るか入らないかという点です。

醸造アルコールは、合成のものを一切使用していない植物由来(サトウキビやトウモロコシなど)の高純度のピュアなアルコールのこと。純米酒は、米・米麹・水のみで造られているのに対して、本醸造酒はアルコール発酵が終わったタイミングで醸造アルコールを添加して造られています。

「添加している」と聞くと、すこし不安な印象を受ける方もいるかもしれませんが、ご安心を。醸造アルコールを使うことで味わえる美味しさもあるのです。

日本酒の酵母の香り成分は、アルコールに溶けやすく、醸造アルコールを添加することで酵母の香りを日本酒に溶け込ませることができます。品評会などで好評価を受けている、お酒で醸造アルコールが添加されているものが数多くあるのもそのためと言えます。また、日本酒に含まれる雑味(糖分や酸によるもの)を醸造アルコールが抑えてくれるため、飲み口がすっきりとしており、軽快な印象を与えてくれます。

醸造アルコールの添加によって日本酒の香味を引き立たせたり、清涼感のある味わいにしたり、変化をつけるためにとても重要な役割があり、それが日本酒の個性に繋がっているのです。

蔵元や製造方法にもよりますが、米の旨味やコクの強い純米酒よりも、本醸造酒は味のバランスがよくクセの少ない淡麗な味わいのものが多くみられます。初心者の方も比較的飲みやすいところが本醸造酒の魅力ではないでしょうか。

本醸造酒のおいしい飲みかた

薩摩びーどろ 薩摩切子
二重被せ 片口酒器揃 -緑/瑠璃-

¥108,000 +税

本醸造酒に使われている醸造アルコールはとても辛口。そのため、本醸造酒も辛口に仕上がります。軽快でクリアなものが多く、さまざまな料理との相性が良好。また、食事の邪魔をしないので食中酒としても好まれ、飽きのこない味は、毎日の晩酌に向いている日本酒と言えます。

スッキリさっぱりとした飲み口が特徴のため、基本的には酒器の形状はストレート型のものがよいでしょう。もしくは、飲みきりサイズの小ぶりのものを選ぶと、温度が変わらないままクイッと飲み干せるのでおすすめです。装飾が爽やかな酒器をえらべば、見た目にもたのしむことができます。

さいごに

本醸造酒は、サラッと飲めてしまう飲み口の軽快さ、すっきりとした味わいが魅力のお酒です。日本酒の味わい自体にクセが少ない分、合わせる料理の幅も大きくなります。ぜひ食中酒や日常酒として楽しんでみてくださいね。

SPECIAL