入浴は、日々を気持ちよく過ごすためにさまざまな効果をもたらしてくれます。そこへ入浴剤として日本酒をプラスするという方法があることをご存知ですか? 今回は、日本酒風呂の特徴や期待できる美容・健康へのメリットについてご紹介します。

日本酒が入浴剤に? 日本酒風呂の特徴

日本酒を購入したり、贈り物でいただいたりしたものの、どうしても余らせてしまったという経験はありませんか? そんな場合の利用法として、“入浴剤代わりとして湯船に入れる”という方法があります。

浴槽へ日本酒を入れるなんてもったいない気がするかもしれませんが、日本酒風呂の美容効果や体に嬉しい効果が近年話題になっています。

日本酒風呂で期待できる美容・健康効果

日本酒は、さまざまな栄養素のおかげで飲むだけでもたくさんの健康効果が期待できます。ここからは、日本酒風呂で期待できる美容および健康効果について見ていきましょう。

保湿効果

第一にあげられるものに、保湿効果があります。日本酒職人である杜氏(とうじ)の手の美しさは、日本酒に含まれる酵素の働きが影響しているとされています。

日本酒には、人間の身体に必要不可欠であるタンパク質のもととなるアミノ酸や体内で合成できない必須アミノ酸が含まれています。
その中でも「セリン」と呼ばれるアミノ酸には高い保湿作用があります。このセリンは肌の水分を保つためにとても大切な成分で、直にお肌に触れることでキメを整えてくれる作用があるとされています。

温浴効果

また、日本酒風呂に浸かると全身がポカポカと温かくなり、代謝がアップします。これはアデノシンという物質の血管拡張作用で、血行が促され疲労回復や肩こり改善への効果が期待できるとされています。

最近は日本酒の化粧水や乳液などのスキンケア商品もありますが、日本酒風呂は湯船に浸かることによる温浴効果で毛穴が開き、溜まっている汚れが落ちやすくなるのでお肌が日本酒の効果をより摂取しやすくなります。

日本酒風呂をする際の注意点

そんな日本酒風呂を行う際、いくつか注意点があります。こちらを確認したうえで行うことをおすすめします。

妊娠中および子供との入浴はしない

妊娠中の方や子供の入浴は厳禁です。アレルギーのある方や敏感肌の方はアルコール成分がお肌に合わない場合があるので、使用は避けるのが無難です。また、肌荒れが不安な方はパッチテストを行うか、主治医と相談のうえ様子をみながら試すことをおすすめします。

残り湯を洗濯に使用しない

日本酒風呂の残り湯は、洗濯などに使用しないようにしましょう。日本酒にはさまざまな天然成分が含まれているため、放置すると雑菌が繁殖したり衛生面的にも良くありません。

追い炊きにも向いてないので一度使ったお湯はそのままにせずすぐに流して、風呂釜は当日中に洗ってください。

余った日本酒を上手に有効活用しよう

アンチエイジングや美肌に効果があるとされている日本酒風呂は、使用する量や後始末さえ気をつければいい事づくめです。余った日本酒を使ってすぐに実践できるので、新しい日本酒の利用法として試してみてはいかがでしょうか。

SPECIAL