初詣や厄除けなどで神社に訪れた際にいただくことのある御神酒(おみき)は、本来は神事などで神に捧げるためのお酒のこと。御神酒は初詣や厄除け以外でも、結婚式や地鎮祭などでも使用されます。御神酒とはどんなお酒なのか、使われているお酒の種類などをご紹介します。

まず、御神酒(おみき)とはどんなお酒のこと?

「御神酒(おみき)」はお酒の敬称・尊称で、祭礼や神事などに神様に「神饌(しんせん)」のひとつとしてお供えするお酒のことを言います。そして神饌(しんせん)とは、神前に献上する食べ物やお酒のことです。

古来からお供えしたお酒には霊が宿り、神様と同じものを飲食するということにご利益があるとされてきました。祭礼のあとにお下がりとして御神酒をいただくことが、一般的な習わしとされています。

同じ漢字でも、読み方が異なる?

一説によると、同じ「御神酒」という漢字でも、神様にお供えするお酒は「ごしんしゅ」、ふるまわれるお酒は「おみき」と読み方が変わるといわれています。

御神酒に用いられるお酒の種類って?

御神酒に使われるお酒は、正式には白酒(しろき)・黒酒(くろき)・醴酒(れいしゅ)・清酒(せいしゅ)の4種類とされており、醸造法もさまざまとなっています。

しかし現在は、この4つをすべて捧げることが困難であるため、伊勢神宮や出雲大社、また皇室や一部の神社を除いては清酒のみをお供えするなど、簡略化されているようです。

神様の恵みである米には、その一粒一粒に神様が宿るとされており、大切にされてきました。

基本的にはその米と澄んだ水で作られた日本酒が神様への捧げものとして御神酒に用いられることがスタンダードですが、地域によってはその土地でできた素材を使って造られたワインや焼酎、果実酒などを御神酒としていることもあります。

御神酒として捧げるお酒は絶対にこれという決められたルールはありません。

大切なことは神様への感謝の気持ちとしてお供えをするということです。

御神酒をいただく際のマナーや作法

御神酒をいただく際、ただ飲めば良いという訳ではなくきちんとマナーがあります。ここでは、御神酒をいただく際のマナーや作法について見ていきましょう。

①礼手(一拍手)

神職(巫女)の方が御神酒を注ぎに来たら、一拍します。これを礼手(らいしゅ)と呼びます。

②盃を手に取る

必ず両手で盃を持ちます。親指を上に、他の4本の指で下を支えるように持ちます。

③御神酒をうける

御神酒を注いでもらいます。このとき、盃は動かさないように注意しましょう。

④御神酒をいただく

神職の方の発言を待ってから、3口に分けて御神酒をいただきます。

⑤盃を拭く

口をつけた場所を指で拭います。人差し指、中指、親指の3本を使って拭いてください。

⑥盃を戻す

盃を元の場所に置きます。

御神酒をいただく際の注意点

難しいことはありませんが、作法が何点かあります。

神職の発言を待ちきれずに飲み始めてしまう方がいますが、勧められるまで手をつけるのは待ったほうが良いでしょう。

盃を持たずに御神酒をうけるのはマナー違反です。お祝いの時に似つかわしくないのできちんと両手を使って御神酒をうけましょう。

家でいただく場合の注意点

瓶に入った御神酒を持ち帰って自宅でいただく場合もあります。

いただくタイミングは特に決まっていませんが、当日が一番ご利益があるとされています。お酒が弱い方は口をつけるだけでも問題ありません。

また妊婦さんやお酒が飲めない方は、料理酒として使う方法もあります。

マナーと注意点をおさえて正しくいただこう

いかがでしたか?

祭事に覚えておきたい御神酒についてご紹介しました。

御神酒は神饌の中でも中央に置かれ、特に重要とされているお供えものです。しっかりと感謝の気持ちを込めてお供えし、頂戴しましょう。

SPECIAL