日本酒を飲む際のマナーやしきたりについて、皆さんはどのくらいご存知でしょうか。今回の記事では、飲み会などのお酒の席でも役立つ基本的な日本酒のお作法についてご紹介します。

日本酒の正しい注ぎ方・飲み手の持ち方

日本酒を飲む際、正しい飲み方や猪口の持ち方などで迷った経験はありませんか? ここではまず、日本酒の正しい注ぎ方や飲み手のマナーについて解説します。

日本酒を注ぐ際のマナー

右手の甲を上にして徳利のはらあたりを持ち、左手は底に添えます。手の甲を下にしたり、徳利を左手で持つことはタブーなので、自分の右側の人に注ぐときは体ごと向けるように注意しましょう。

飲み手のマナー

日本酒を注いでもらう際は、お猪口に必ず両手を添えましょう。猪口を片手で持ったり、テーブルに置いたままお酌を受けたりするのはマナー違反となるため控えましょう。また、注いでもらったのにそのまま口を付けずにテーブルに置くこともまた、失礼にあたります。ひとくちでも、口をつけてからテーブルに置くようにしましょう。

「もっきり」や升の正しい飲み方

「もっきり」とは、居酒屋などで見かけることのある、升の中にグラスを置いてなみなみと日本酒を注ぐスタイルのことです。決まったルールはありませんが、まず升からグラスを持ち上げ溢れそうな日本酒を少し升の中へと移します。

グラスの日本酒から飲みすすめ、少なくなったら升の中に残っている日本酒を徐々にグラスに移して飲みます。日本酒に移った升の香りを楽しみながら飲むとよいでしょう。

また、グラスに移さず升から直接飲んでも問題ありません。その場合、升の角から飲むのではなく平らな部分から飲むのが正式な飲み方です。おかわりの際は、同じ升でいただきましょう。

マナー違反に気をつけたい日本酒のお作法

ここからは、日本酒を飲む際に気をつけたいお作法の一例をいくつかご紹介します。

のぞき徳利/振り徳利

やりがちな行為ですが日本酒の残量をみるために徳利の中をのぞくのは下品に見えるのでやめましょう。

同じく残量を確認するために徳利を振るのも良くありません。熱燗の場合、中の日本酒が冷めてしまう原因になりかねません。

併せ徳利

併せ徳利とは、残った日本酒をひとつの徳利にまとめる行為のことを指します。ですが、たとえ同じ銘柄であっても、風味や温度が変わってしまうのでやめましょう。

逆さ杯/倒し徳利

杯(おちょこ)を逆さまに卓上に伏せたり、飲み終わった徳利を倒しておくのはマナー違反です。テーブルが汚れたり、誤って割れたりしてしまう恐れがあるので気をつけましょう。

徳利は注ぎ口を使ってもいいの?

一時期、SNSを中心に「徳利からの日本酒の注ぎ方は、絞られている注ぎ口とは反対の方から注ぐのが正しい」という話題が注目されました。これは“円の切れ目”=“縁の切れ目”と考えられていたり、戦国時代に注ぎ口に毒を塗られることがあり、その名残りで逆側から飲むのが根付いたともされています。

とはいえ、注ぎ口から注ぐのがNGというわけではないので、注ぎ口から注いでも問題ありません。

基本的なマナーをおさえて、楽しい日本酒タイムを

マナーを知ることは、お酒の場を楽しむためにとても大切なこと。自分だけでなく周りの人のためにも正しいマナーを守って、より美味しく楽しく、すてきなひとときを過ごしてください。

SPECIAL