日本には四季があるように、日本酒にも「四季」があるといわれています。今回の記事では、四季にあわせた日本酒の特徴ととも季節ごとにおすすめのお酒たちをご紹介します。

日本酒にも「四季」がある?

日本酒造りは、各蔵元にもよりますが原料である米の収穫がされる10月ごろから準備が始まり、3月ごろまで続きます。

完成した日本酒は保管されている状態でも発酵が進んでしまうため、季節によって味わいが変わります。

冬~春にはできあがったばかりのフレッシュな新酒、夏~秋には熟成のすすんだ日本酒など四季とともに楽しむことができます。

3月~4月におすすめの日本酒(春酒)

さまざまな出会いや別れなどがある春の日本酒は、「春酒」と呼ばれます。

花見の時期であるこのころに、桜をほうふつとさせる桃色のボトルやラベルのものは見た目にも春を感じさせてくれます。春酒はその名のとおり、花見の季節に合わせたくなるような春らしい華やかな香りと上品な甘みですっと飲みやすいものが多いという特徴があります。

5月~7月におすすめの日本酒(夏酒)

「夏酒」とは、冬に搾って夏まで貯蔵し、出荷された日本酒のこと。この時期はビールを選ぶ方も多いですが、のどをひんやりと潤してくれる日本酒も風情を感じられておすすめです。

夏酒には決まった定義はなく、それぞれの蔵元が趣向をこらして夏に飲みたくなるようなお酒を造ろうと考えて日本酒です。オンザロックでたのしんだり、発泡性のスパークリングなどの喉ごしを楽しめるようなバリエーションが豊富です。

この時期の日本酒は、涼しげな色合いのボトルのものが多く、お酒自体にクチナシ色素でブルーに色を着けた清涼感を感じる日本酒もあります。

9月~11月におすすめの日本酒(秋酒)

四季を彩るお酒の中でも「秋酒」は、日本酒ファンには人気のお酒です。冬に搾られ、春夏を越し熟成が進んだ秋酒は深みや旨みが増し、秋の食材の味を引き立ててくれます。

秋に出荷される日本酒には「ひやおろし」「秋あがり」があります。

ひやおろし」は冬から春先に搾り、いちど火入れした日本酒を夏場の暑さで品質が変わらないように涼しい蔵で保存したあと、2度目の火入れをせずに瓶づめして出荷する日本酒です。1度しか火入れをしてないことと蔵内で寝かせることにより、旨みやコクがアップしています。

秋あがり」は冬に造られた日本酒を春に火入れし、秋まで貯蔵タンクで熟成させたものになります。日本酒の味は「あがる」「さがる」崩れる」で表現されることがあります。

荒々しさがとれてまろやかになりおいしく熟成された日本酒は、酒質が向上したこともあり、「秋あがり」と呼ばれます。

12月から3月におすすめの日本酒(冬酒)

この時期の日本酒は、「冬酒」(しぼりたて新酒)と呼ばれています。

通常、日本酒は保存期間をのばすため、2度にわたって火入れするものが多いのですが、しぼりたて新酒はこの火入れの作業をしていません。火入れをしないため酵母が生きており、しばらく冷蔵庫で保存することで、よりまろやかな味に仕上がります。

また、新酒のなかでもあえて目の粗い袋でこした「にごり酒」は白濁したお酒のため、雪をイメージさせることから冬場に人気の日本酒です。

立春には1日だけ飲める期間限定の日本酒があります。それは、しぼりたて新酒のうちでも「立春朝搾り」と呼ばれ、立春にしぼった新酒をすぐに瓶詰めして販売、その日のうちに飲んでたのしむ春の訪れを祝う日本酒です。

まとめ

その季節にしか味わえない期間限定の日本酒は、四季のある日本ならではと言えるかもしれません。旬の食材と日本酒の温度など、その時期にしか味わえない組み合わせで四季の移ろいをたのしんでみてください。

SPECIAL