家に日本酒や焼酎を買って飲むお酒好きの人だけではなく、居酒屋でしかお酒を飲まないという方でも馴染みの深い一升瓶。しかし、いざ一升瓶に入るお酒の量や瓶の大きさを聞かれると答えに詰まってしまうかもしれません。この記事では、一升瓶の容量や保存法、歴史についてご紹介します。

 

一升瓶とは

一升瓶は、日本で使われているガラス製の液体専用瓶のことを指します。その名前は、内容量が一升であることに由来しています。

販売用に充填されるものはほとんどが日本酒を始めとした飲料や調味料などであり、食用以外の液体が充填されることは稀です。

 

一升瓶はどのくらいの量のお酒が入るの?

一升は、約1800ミリリットルです。リットルに直すと、おおそ1.8リットルのお酒が入るということです。

一升瓶の基準は日本工業規格(JIS)によって決められており、容量:1800±15ミリリットル、高さ:395±1.9ミリメートル、底部直径:105.3±2.5ミリメートル、上部直径:30±0.3ミリメートル、最小肉厚:1.7ミリメートルと規定されています。

 

日本酒に一升瓶を使うのはどうして?

一升瓶はガラス製のため密閉性が高く、日本酒を衛生的に保管することができます。また、上記のように規格化されているため、大きさや容量がすべて同じであることから、ラベルを変更すれば別のお酒を入れられる汎用性の高さも一升瓶が使われている理由のひとつと言えます。

 

茶色・緑色のボトルを保管する際の注意点

日本酒の多くは、茶色もしくは緑色の一升瓶が使用されています。これには理由があり、日本酒を保存するうえで天敵となる紫外線の遮断性を高めるため。

光を遮るボトルとはいえ冷暗所保管がマストです。一升瓶が冷蔵庫に入らない場合は、きれいに洗浄したペットボトルか密閉保存できる空瓶に移し替えて、できる限りはやめに飲みきるようにしましょう。

 

青色や透明のボトルを保管する際の注意点

見た目がきれいな青色や透明の一升瓶は、爽やかでおしゃれなのでプレゼントにも最適です。

しかし、光の遮断性が低いため長期保存の場合には注意が必要です。もっとも保存に向いている場所は冷蔵庫ですが、クローゼットなどの温度変化が少ない暗い場所でも大丈夫です。瓶の入っていた箱があるならそ子に入れて、箱が用意できない場合には一升瓶を新聞紙などでしっかり包んであげましょう。光を遮るだけでなく、あやまって倒れてしまった際の破損防止にも役立ちます。

 

日本酒やお米に使われる「尺貫法」とは?

 

一升瓶の"升"は、日本で古くから用いられている「尺貫法(しゃっかんほう)」に基づいた計量単位です。

尺貫法は長さの単位を「尺(しゃく)」質量の単位を「貫(かん)」体積の単位を「升(しょう)」とした度量衡法です。また、10升(約18リットル)は「一斗(いっと)」、100升(約180リットル)は「一石(いっこく)」とされています。

お米や徳利の単位である「合(ごう)」は約180ミリリットルなので、一升瓶は一合徳利10本分と言えます。一升瓶に入っているものが焼酎など水で割る飲み物の場合、シングルで30ミリリットル、ダブルで60ミリリットル使うとするとシングルなら60杯分、ダブルなら30杯分となります。

まとめ

古くから調味料やお酒など一般家庭にも置かれていましたが、ペットボトルなど軽量の保存容器の普及により需要が減ってきた一升瓶。しかし、リサイクルやリユースで環境にやさしい瓶と呼ばれることもあります。

日本ならではの容器を選んで、日本酒を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

SPECIAL