視力矯正のためではなく、コーディネートの一環としても使われるメガネ。

特に最近のものは、色柄も多彩でデザインも様々ですよね。

普段なにげなく使っているメガネですが、どんな素材で作られているかご存知ですか?

 

 

「セルロイド」と「アセテート」 

メガネフレームに使われる代表的なプラスチック素材は「セルロイド」と「アセテート」です。

原料はどちらも同じで、綿花やパルプです。

植物性の繊維からつくられていて、人間の身体と同じ有機物であるので、アレルギーも起きにくいと言われています。

 

 

セルロイドは弾力性があり、衝撃に強く歪んだり曲がったりしにくいと言われています。

まだ、独特のツヤが大きな魅力です。

2000年頃までは、メガネフレームのプラスチック素材ではセルロイドが主流でした。

初期の映画作品のフィルムにもセルロイドが使われていましたが、発火事故が発生し「セルロイドは燃えやすい」と言われるようになったことで、徐々に衰退していきました。

セルロイドの発火点は170℃前後で、燃えやすい素材ではありますが、日常生活で使用する分には問題はありません。

 

対してアセテートは、透明度の高さ加工のしやすさ軽さが長所として挙げられます。

色や柄、透け感など、多彩なデザインを楽しめることも魅力のひとつです。

現在では、プラスチックフレームというとアセテートで作られたものがほとんどです。

 

 

 

また、メガネの聖地・鯖江では、メガネ作りの技術を応用し、アセテートを使ったアクセサリーも作られています。

デザインの多彩さや加工のしやすさといったアセテートの長所と、メガネ生産によって培われた職人の技が存分に生かされた製品と言えるでしょう。

SPECIAL