いつも身近に ワンポイントの和の心壱ポイントは、人や地域から広がる想いを、あなたへお届けいたします。
Sold Out
IMG_2199
IMG_2211IMG_2202IMG_2195IMG_2216IMG_2212

海のように深いコバルトに魅せられて

深く美しいコバルトが印象的な”GOSU“のご飯茶碗。

 

作り手の温かみがしっかりと感じられる、ひとつひとつ丁寧に絵付けされた茶碗。

少し大きめのサイズで、男性の方に丁度良い大きさです。

 

この茶碗は、1.0~5.0の5色のグラデーションの中の4.0の色を表現しています。

 

<ご飯茶碗 小>と共に、ペアでお使い頂いたり、贈り物にもおすすめです。

 

 

GOSU」の名前の由来

副久製陶所の”GOSUシリーズ”。

 

呉須GOSUとして、副久製陶所がつくったシリーズです。

1.0から5.0の5種のブルーの表情を器に染め付け、焼き留めました。

 

 

 

5種類の顔を持つGOSU

一口に呉須と言ってもその色合いは様々。

深みのある渋いものから、はっとするような鮮やかなもの、薄雲のベールの様に軽やかなもの。

 

副久はこの呉須のブルーにこだわり、とっておきの5色を生み出し、副久独自の「GOSU 1.0 – 5.0」としました。

 

 

 

そもそも呉須とは?

呉須(ごす)とは、古くから染付などの磁器に使われているブルーの顔料(主成分:酸化コバルト)のこと。

江戸時代初期に中国より有田にもたされたと考えられており、現在では特定の産地にとどまらず広く陶磁器に使われています。

 

素焼きの状態のうつわに呉須で着色するため、そのブルーが色あせることはありません。

 

*染付(そめつけ)=釉薬の下に呉須で絵付けをしたもの

 

 

唯一無二のGOSU

副久では、古くから呉須を塗る際に使われている「濃み(だみ)」という手法を用いてうつわを塗っています。

 

濃み筆という専用の大きな筆にたっぷりと呉須を含ませ、指先で滴り落ちる絵の具の量を調節しながら細かく塗り進めるという技法。

技術と集中力、そしてなにより大変根気のいる作業です。

 

この手法により、深く引き込まれるような奥行きのあるブルーになると同時に、ひとつとして同じものはない唯一無二のうつわになります。

 

 

 

GOSUの生みの親、「副久製陶所

肥前吉田の地で三代にわたり、うつわを焼き続けてきた製陶所で、現在は夫婦二人で作陶が行われています。

 

長年うつわを作り続けていても、未だに窯をあける度、その美しさや歴史の面白さ、奥深さといった磁器の魅力を肌で実感するそうです。

 

うつわを使う人が、日常生活の中でよりこの魅力を感じてもらえるよう、うつわに焼き留め、語り継ぐ

 

そんな思いを胸に、副久製陶所の職人は日々うつわ作りに向き合われています。

 

 

商品詳細

サイズ:H 650mm × W 125mm

素材:磁器 (有田焼)

 

注意事項

・ひとつひとつ手作りのため、サイズ感に若干の個体差があります。

・直火やオーブンでのご使用は、割れる恐れがありますのでご遠慮ください。

・副久GOSUは副久製陶所の登録商標です。

 

 

ギフトラッピングをご希望の方は

こちらのページからご注文をお願い致します。

 


他にも多数、GOSUの商品を扱っております。

GOSU 他の商品ページはこちら

 

Weight: 0.23 kg
Dimensions: 13.5 x 13.5 x 8 cm
バリエーション: 

4.0

レビューを見る

レビューはまだありません。

“副久 GOSU ご飯茶碗 大 -4.0-” の最初のレビューを書いてみませんか?

副久 GOSU
ご飯茶碗 大 -4.0-

¥4,104 (税込)

どんな商品が人気?

キッチン雑貨

壱ポイントをご利用頂いているお客様にレビューを頂きました。

レビューを見る

レビューはまだありません。

“副久 GOSU ご飯茶碗 大 -4.0-” の最初のレビューを書いてみませんか?